パッションフルーツはベランダで育つのか?植え付けから収穫まで。

パッションフルーツ

5月の終わりごろ、梅雨になりました。地植えしているパッションフルーツがとっても元気に葉を茂らせてきます。あまりにも元気なので、少し、新芽をとります。

パッションフルーツは挿し木で増やすことができます。この新芽を挿し木するのがおすすめです。鉢植えに挿し木します。取った新芽を、土にそのままさすだけです。

半分くらいは残るので、欲しい本数の2倍くらい挿し木にしました。こうして、我が家のベランダにパッションフルーツが去年の冬、やってきました。

とっても簡単!挿し木の方法

植木鉢に鉢底石をいれて、その上に土を入れます。切った新芽を突き刺して、水をたっぷりあげます。あとは、毎日水をあげます。土は、百均ショップの土で大丈夫です。

秋、大きい鉢に植え替えして、冬越え

11月初め頃、根がいっぱいはってもいいように、大きい鉢に植え替えしました。元気に残ったのが3本だったので、1鉢に3本植えました。

今回の植木鉢は、プラスチック製の上の直径37cm、高さ37cmのものです。

寒くなってきたので、朝顔用の支柱をさして上からビニル袋をかぶせて、簡易温室を作りました。ベランダで冬を過ごします。

ベランダで育てるとき、私が気をつけているのは、ベランダの床の温度です。夏は直射日光が当たって、1日中とっても熱くなりますし、冬はとっても冷たくなります。

床の温度が植物に伝わりにくいように、大き目の植木鉢を使うようにしています。そして、百均の発泡スチロール板を2枚重ねて植木鉢の下に敷いています。

発泡スチロール板を敷くようになってから、ベランダで木も花も順調に育つようになりました。

春、1鉢に1本づつ植え替えます

DSC_0088

予想に反して、3本が無事に冬越えできました。4月の始めごろ、暖かくなってきて、ビニルの中に水滴がつくようになったので、ビニルをはずしました。

4月の中頃、1鉢に1本づつ、植え替えました。いつ、どこに伸びてもいいように、蔓性植物用のネットをつけました。

1鉢に2本~3本、長い支柱を刺して、そこにネットを取り付けます。しっかりした支柱にしないと、パッションフルーツの重みで倒れてしまいます。

台風シーズンもこのネットのまま、過ごすので、倒れないようにしっかり、ネットをとりつけます。

6月花が咲きました

パッションフルーツの花

5月の始めに肥料をあげました。すると、どんどん枝も葉っぱものびていきます。朝、しっかりと水をあげるようにしています。

5月の終わり、気温が20℃を越えるようになると、花芽ができ始めます。そうしてだんだん大きくなって、蕾だとわかるようになります。

25度を超えるくらいになると、花が咲きます。10時から12時ごろでしょうか。花が咲いたら受粉します。我が家のベランダには虫があまり来ないので、自然に受粉は期待できないので、人工授粉します。

花が咲くころ、6月の始めに、肥料をあげます。これで、受粉が成功した実がぐんと大きくなります。私が使っている肥料は、こちらのマイガーデンベジフルです。1鉢に一度に軽くひとつかみほど、与えます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 1.6kg
価格:931円(税込、送料別) (2021/9/11時点)


受粉をしている様子をTwitterで動画付きでつぶやいています。見てみてくださいね。

受粉後、1週間ほどで実が
この大きさになりました。

パッションフルーツを地植えで育てていた時のことをこちらにまとめています。地植えの方がのびのびと大きく育ちます。人工受粉の詳しい方法はこちらでは、写真付きで詳しく説明しています。見てくださいね。

7月元気に育っています。

7月になっても、まだ梅雨。雨の日が続きますが、晴れた日にぐ~んと新芽がのびているように思います。あまりにも元気すぎて、あちこちにのびてしまうので、時々、新芽を摘み取るようにしています。

そして、肥料をあげました。花が咲いて実が大きくなる時期は、月に1回、肥料をあたえています。肥料は、いつもマイガーデンべきフルで、1鉢に軽くひとつかみ与えています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 1.6kg
価格:931円(税込、送料別) (2021/9/11時点)


我が家のベランダの半分を覆うパッションフルーツのグリーンカーテンです。

6個のパッションフルーツが大きくなってきました。あとは色づくのを待つばかりです。収穫まで、もうすこし。水を切らさないように、晴れた日には朝、夕、水をあげるようにしています。

7月の終わりごろ、ようやく収穫できました

一番右のしわしわが食べごろです

例年ならば、7月中頃には収穫できているのですが、今年は7月の終わりごろになって収穫できました。すべてを収穫できたのは、お盆直前でした。カンカン照りの日が続くので水切れには注意しています。

中身もしっかり詰まっていて、甘くてなかなか上出来でした。ベランダでは初チャレンジでしたが、6個収穫できました。

ベランダの柵の内側で実をつけていたので、自然に落下するまで、待っていました。実が落ちていたので、拾って室内で追熟します。

写真の一番右のしわくちゃの実が食べごろになります。

一番左が黄色く、わずかに赤みがかって見えますが、これも、室温で放置しているうちに、中央の実と同じくらいに色づきました。

そのままでも十分おいしかったです。今回は、コーラに中身を入れて食べました。これもとってもおいしかったです。

冷凍して、凍らせてから切ると、果汁がこぼれることなくコップにも入れやすいです。凍らせただけのアイスパッションフルーツも、おいしかったです。

バニラアイスやヨーグルトに混ぜて食べるのもおいしいです。

パッションフルーツ入りのコーラを作った時の様子がこちらです。

収穫後はお礼の肥料を忘れずにあげましょう

全部の収穫がすんだら、お礼肥えをあたえます。8月、9月は、まだまだ日差しが強く、暑い日が続くので、朝晩の水やりはかかせません。水切れしないように気をつけています。

9月中旬の涼しくなったころに、少し、剪定しました。1年目なので、秋の開花、結実、冬の収穫は難しいかなと思っています。

今後の気温次第ですが、もし、開花して、結実するようなら、しっかりカバーして、温かくして、冬も収穫を目指します。

まとめ~ベランダでも、パッションフルーツは収穫できる

  • 1年目の苗でも、ベランダでパッションフルーツは収穫できます。
  • 肥料は5月、6月、7月、8月、9月は毎月一回与えます。
  • 梅雨が明けてからは、晴れた日には、朝夕二回、水を与えます。
  • 収穫は実が自然落下するまで待っていてOK。
  • 収穫してから、香りが出て、しわくちゃになるまで、室内で放置し追熟させます。
  • 中身の可食部分をコーラにいれて、混ぜて食べる(飲む)ととてもおいしい。

肥料はいつもマイガーデンベジフルで、1鉢に軽くひとつかみ与えています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

住友化学園芸 マイガーデン ベジフル 1.6kg
価格:931円(税込、送料別) (2021/9/11時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました