脂肪燃焼スープで夜だけダイエットのメリットとデメリットとは?レシピも紹介しています。

脂肪燃焼スープ

実はこの20年間、1年に1kgずつ体重が増加しておりまして、運動苦手な私でもできそうなダイエットはないものかと、探しておりました。

本来の脂肪燃焼スープダイエットというのは、1週間で体重を5~7kg落とすというダイエットなのです。そのため、1週間のメニューが決まっています。そして、アルコールはNG。砂糖などの甘味料もNG。揚げ物、パン、小麦粉を使った食品もNG。

などなど、多くの規定があって、私には無理だぁ~と思えました。そこで、いろいろ調べていると、朝食か夕食を脂肪燃焼スープに置き換えるというダイエット方法もある、という記事を見つけました。

そして、脂肪燃焼スープを夜だけ置換えて食べるダイエットを始めました。もう、3か月になります。2日分のスープをまとめて作って、毎日3回、食べています。とってもゆるっとダイエットしています。

その結果、ついに、マイナス3kg達成です!毎年1kg増え続けた体重。どのサプリを飲んでも、減らなかった体重。地味~に気が付くと増えていた体重。気づけば、20年で20kg増えていました。

毎日の実感はないのですが、90日間、毎日3歩進んで2歩下がるような感じで、じわじわと体重が減り、ついにマイナス3kg達成しました。鏡の中の自分を見ても、特に変わった風はなくって、つまらないんですが。

周りの人も、特に無反応なので、たぶん、あまり、かわっていないのでしょう。どれくらい減ったら、周りから「痩せた?」って言われるようになるのかしら?そんな日が来ることを楽しみに、頑張っています。

今のところ、特に決まった運動はしていません。食べ過ぎたなと思う日は、ラジオ体操したり、エアロバイクを20~30分やったりします。

たまにやっても、あまり効果はないような気がします。体重が減らなくなったら、毎日、エアロバイクをやっていこうと思っています。

脂肪燃焼スープで夜だけダイエットのメリット

私が続けられる理由

  • 安い
  • 飽きない
  • おいしい
  • 簡単に作れる
  • 夕食以外は何を食べてもいい
  • 間食もOK(食べすぎ注意)

市販の置き換え食と比べると安くできる。

旬の食材を使うようにしていいるので、材料費が安くすんでいます。トマトが高い時にはトマト缶を使います。後で紹介するレシピの写真は6食分くらいになります。1食分にすると50円くらいでしょうか。

好きな味にできるから、飽きない。

自分で作るので、最初は薄味にして、毎食、味付けを変えることができるようにしています。薄味に慣れてくると野菜そのもの味が感じることができて、そのままおいしく食べられます。

温かくても、冷たくても おいしい。

暑くなってくると、冷蔵庫で冷やして、冷たいスープにしてもおいしいくたべられます。寒い時期には、熱々のスープがおいしく食べられます。

作るのが簡単

材料を切って、煮込むだけなので、作るのが簡単です。私は一度にまとめて、2日分作っちゃいます。暑くなってきたので、夜作って、朝には冷蔵庫に入れています。

夕飯以外は何を食べてもいい

朝食・昼食は何を食べてもいいことにしているので、ストレスフリーです。夕飯だけなので、おなかがすいても寝ちゃえばいいやという感じです。

間食OK

昼食の後には、ほぼ毎日、お菓子を食べています。夕飯までの時間は、間食OKタイムにしています。昼食でしっかり食べるので、あまりおなかはすかないので、あまり食べません。食べ過ぎないようには気をつけています。

こうしてみると、ほんとに、ゆるゆるダイエットですよね。

脂肪燃焼スープで夜だけダイエットのデメリット

たんぱく質が不足しがち

朝から、ガッツリ肉や魚を食べる気にはならないので、私の場合は肉や魚のおかずを、お弁当に持っていくことになります。

それだけでは、たんぱく質が足りないかなと思うので、朝もたんぱく質を必ず摂るようにしています。

たとえば、朝は納豆+卵を食べたり、スープを味噌汁にして豆腐を入れたり、ゆで卵や目玉焼きを食べるようにしたりして、工夫しています。

そして、夕飯はサラダに豆腐をトッピングするようにしています。

夕食は外食できない

脂肪燃焼スープ夜だけダイエットを始めてから、夕飯は外食をしなくなりました。家計にはうれしい効果ですけどね。外食するときは、昼食の時と決めています。

たま~に、お付き合いで夕飯を外食するときは、食べ過ぎないように気をつけています。サラダやスープがあれば注文して、先に食べるようにします。

脂肪燃焼スープダイエット(夜だけ)のレシピ

材料

  • トマト
  • もやし
  • ピーマン
  • わかめ
  • こんにゃく
  • ズッキーニ
  • 玉ねぎ
  • しめじ
  • しょうが
  • コンソメ

基本は糖質制限のためのスープです。

作り方は簡単。材料を適当な大きさに切って、鍋に入れて、材料がひたひたになるくらいまで水を注ぎます。そして、火にかけて、最初は中火で、沸騰したら弱火で、20~30分煮込みます。

上記以外のOK食材

小松菜・ほうれん草・水菜・キャベツ・レタスなどの葉物野菜、セロリ、海藻、きのこ類、トマトの水煮缶など、糖質の少ないもの。鳥のささ身・豆腐・卵もOKです。

NG食材

糖質の多いものはNG。じゃが芋・里芋・サツマイモなどの芋類、レンコン・ゴボウなどの根菜類はNG。

薄味にしてありますので、食べる時に塩コショウを入れたり、味噌汁にしたり、豆乳を入れてクリーム風にしたり、キムチを入れたり、カレーパウダー(カレールーはだめ)を入れたりして、飽きないように味変しています。

ケチャップやカレールーは糖質が多いので、使わないようにしています。

ポイント

・食べる順番は ①脂肪燃焼スープ ②サラダ ③おかず(たんぱく質) ④ごはん・パン(穀類) にしています。

・夕飯は21時までに食べ終わるようにしています。

・毎日、1回必ず体重を計って、記録します。昨日より今日が増えていても、1か月前に比べて減っていたらそれでいい、くらいの気持ちで続けています。

脂肪燃焼スープを作っているところを動画で撮ってみました

動画のスープには糸こんにゃくが入っていませんが、糸こんにゃくを入れるときは、適当な長さに切って入れています。

1日分の食事

毎食①スープ、②サラダ、③おかず、④主食(ごはん・パン・麺類)の順に食べています。

ある日の朝ごはん

  • 脂肪燃焼スープ
  • サラダ+ゆで卵+ウインナー
  • 納豆+雑穀ごはん

ある日の昼ご飯

  • 脂肪燃焼スープ
  • サラダ+焼きナス
  • ゆで卵
  • 雑穀ごはん+牛筋煮込み

4個つながってるお菓子の1個です

毎日、こんな風に、お昼にはお菓子やプリン・ゼリーなどを食べています。

ある日の間食

ミックスナッツ

アーモンド小魚

飲み物はお茶です

ある日の夜ご飯

  • 脂肪燃焼スープ
  • サラダ
  • 豆腐

夕飯が食べたりないときはスープをおかわりします。

1日2回 15分間の瞑想をしています

ダイエットの効果があるのか、ないのかは、わかりませんが、毎日、朝と夕方、15分の瞑想をしています。イライラは減ってきます。

私が毎日やっている瞑想はこちらです。これを流しながら一緒に瞑想しています。

Youtube: Wellness To Go by Arisa

朝起きて、コップ1杯の水を飲んでから、15分間の瞑想をしています。

夕方は、仕事から帰ってきて、コップ1杯の水を飲んでから、15分間の瞑想をしています。

夕方、瞑想の後に、豊潤サジーというジュースを飲むようになりました。詳しくは、こちらを見てください。鉄分たっぷりの酸っぱいジュースです。豊潤サジーを飲むようになってから、体が疲れにくくなったみたいです。

脂肪燃焼スープダイエット(夜だけ)のまとめ

  • 20年間毎年1kgずつ増えていた体重が3カ月で3kg、脂肪燃焼スープ夜だけダイエットで減りました。
  • 3歩進んで1歩下がるようなゆったりとしたダイエット
  • 夜だけなので、ストレスフリー
  • メリットは安い、おいしい、飽きない、簡単に作れる、夕飯以外は何食べてもいい、間食OK
  • デメリットはたんぱく質が不足しがち、夕飯に外食できない
  • 食べる順番は、脂肪燃焼スープ→サラダ→おかず→ごはん
  • 夕飯は21時までに食べ終わる
  • 毎日体重を記録する

ゆっくり増えた体重なので、ゆっくり落としていきたいと思います。とりあえずの目標は10kg減らすことです。

1日目から7日目までの様子はこちら。気合たっぷりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました